yomi-serachでカテゴリやマークごとにテンプレートを変えます。

 

 

準備

追加するテンプレートを用意します。
新規で作成する場合は、template/kt.html をコピーして変更していくと良いでしょう。

ここではテンプレートを4つ用意して、それぞれ

  • kt02.html
  • kt03.html
  • kt04.html
  • kt05.html

とします。
これをtemplateフォルダに入れておいてください(kt.htmlがあるフォルダです)

 

使用ファイル

  • yomi.cgi
  • 上記で準備したktxx.htmlファイル

 

カスタマイズ

yomi.cgi

  • 49行目あたり
    print "Content-type: text/html\n\n";
    require "$EST{temp_path}kt.html";
    
    &print_kt($FORM{kt},$FORM{mode},$FORM{page},$FORM{sort});
    

    ここの2行目

    require "$EST{temp_path}kt.html";
    

    これを削除して次に変更。

     

    *マークごとにテンプレートを変える場合は

    if ($FORM{mode} eq 'm1') {			#おすすめサイト(m1)はkt02.html
    	require "$EST{temp_path}kt02.html";
    } elsif ($FORM{mode} eq 'new') {	#新着ではkt03.html
    	require "$EST{temp_path}kt03.html";
    } else {							#それ以外は従来のテンプレート
    	require "$EST{temp_path}kt.html";
    }
    

    ちなみに

    • new → 新着サイト
    • renew → 更新サイト
    • m1 → おすすめサイト
    • m2 → 相互リンク

    となります。

     

    *カテゴリごとにテンプレートを変える場合

    if ($FORM{mode} eq 'kt') {			#カテゴリ別の設定
    	if($FORM{kt} eq '25_07'){		#カテゴリ25_07はkt04.html
    		require "$EST{temp_path}kt04.html";
    	} elsif($FORM{kt} =~ /^15/){	#親カテゴリ15(15,15_01,15_05_06など)はkt05.html
    		require "$EST{temp_path}kt05.html";
    	}else {							#それ以外のカテゴリは従来のテンプレート
    		require "$EST{temp_path}kt.html";
    	}
    }
    

     

    *マークとカテゴリ両方のテンプレートを変える場合は、上2つを組み合わせます

    print "Content-type: text/html\n\n";#コレは元からあるもの
    
    if ($FORM{mode} eq 'm1') {			#おすすめサイト(m1)はkt02.html
    	require "$EST{temp_path}kt02.html";
    } elsif ($FORM{mode} eq 'new') {	#新着ではkt03.html
    	require "$EST{temp_path}kt03.html";
    
    } elsif ($FORM{mode} eq 'kt') {		#カテゴリ別の設定
    	if($FORM{kt} eq '25_07'){		#カテゴリ25_07はkt04.html
    		require "$EST{temp_path}kt04.html";
    	} elsif($FORM{kt} =~ /^15/){	#親カテゴリ15(15,15_01,15_05_06など)はkt05.html
    		require "$EST{temp_path}kt05.html";
    	}else {							#それ以外のカテゴリは従来のテンプレート
    		require "$EST{temp_path}kt.html";
    	}
    
    } else {							#それ以外は従来のテンプレート
    	require "$EST{temp_path}kt.html";
    }
    
    &print_kt($FORM{kt},$FORM{mode},$FORM{page},$FORM{sort});#コレは元からあるもの
    

以上です。