スパム登録業者は、検索エンジンで新規登録ページ(regist_ys.cgi)を検索して登録する場合が多いらしいので、新規登録ページが検索にかからないようにしてみます。

これから新しくYomi-Search を設置する場合にやっておくと良いと思います。
すでにたくさんのスパム登録がくるサイトは、これをやってもスパムが減る可能性は低いと思いますが、新たなスパム登録業者の目には触れなくなるという点では有効かと思います。

 

 

使用ファイル

  • template/regist_new.html

 

カスタマイズ

template/regist_new.html

  • 3行目
    <head>
    <!-- あ -->
    

    このあたりにでも次のタグを追加してください。

    <meta name="robots" content="noindex, nofollow, noarchive">
    

    追加後はこんな感じです。

    <head>
    <meta name="robots" content="noindex, nofollow, noarchive">
    <!-- あ -->
    

 

メモ

  • noarchive」 は必要ないかもしれませんが、念のために記述
  • 新規登録ページ以外でも、検索で表示されたくないページがある場合は、上記タグをそれぞれのテンプレートに追加してください。
    例えば
    「管理者への通知画面」などのメッセージ画面の場合は template/mes.html
    「パスワード認証画面/登録データの修正・削除」なら templete/enter.html
    にそれぞれ追加するカタチになります。

 

参考

Yahoo!

google