Yomi-Searchでは、1つのデータについて、氏名、サイト名、サイトurl、メールアドレスなど16個 ($Slog[0]~$Slog[15]) の項目(Yomi-Searchではフィールドと呼びます)が登録できます。

フィールドを追加し、入力できる項目を増やしてみます。

 

 

最初に

ここでは例として $Slog[16] にテキストボックスを追加していきます。

  • フィールド名 : $Slog[16]
  • formのname値 : F16

としています。

使用ファイル

  • pl/temp.cgi
  • admin.cgi
  • regist_ys.cgi
  • template/regist_new.html
  • template/regist_mente.html
  • template/regist_mente_admin.html
  • template/regist_new_admin.html
  • template/regist_new_end.html
  • template/regist_new_end_temp.html
  • template/regist_mente_end.html
  • template/regist_new_preview.html
  • template/admin/temp_to_regist.html
  • template/kt.html
  • template/search.html
  • template/rank.html
  • template/rev_rank.html

カスタマイズ

pl/temp.cgi

  • 8行目
    #データ形式のフィールド数
    $Efld=16; #0~15まで
    

    にフィールドを追加する分だけ数を追加します。
    ここでは1つ追加するので

    #データ形式のフィールド数
    $Efld=17; #0~16まで
    

    となります。
    ちなみに $Slogは0から数えてますので、 $Slog[16] までの場合、フィールド数は 17 となります。

 

admin.cgi

  • 2020行目
    #キーワード(15)
    $Slog[15]=$FORM{"Fkey$temp_id"};
    

    の下に次を追加します。

    #追加フィールド(16)
    $Slog[16]=$FORM{"F16$temp_id"};
    

    追加後はこんな感じになります

    #キーワード(15)
    $Slog[15]=$FORM{"Fkey$temp_id"};
    
    #追加フィールド(16)
    $Slog[16]=$FORM{"F16$temp_id"};
    

 

regist_ys.cgi

  • 91行目
    ##概入力値設定($FORM{'in_mode'})
    #新規登録()
    if(!$FORM{'in_mode'}){@Pdata=("","","http://","","","","","","","",$FORM{'kt'},"","http://","","","");}
    

    の @Pdata の閉じカッコの前に

    ,""
    

    を追加。追加後はこちら

    if(!$FORM{'in_mode'}){@Pdata=("","","http://","","","","","","","",$FORM{'kt'},"","http://","","","","");}
    

    ここで “” 内に入れた文字が、新規登録時フォームにデフォルトで表示されます。
    urlを入れたいときなどは “http://” としてください。

  •  

  • 117行目
    #外部入力(form)
    elsif($FORM{'in_mode'} eq "form"){
    	$FORM{'Fkt'}="";
    	foreach $kt_no(1 .. $EST_reg{kt_max}){
    		$FORM{'Fkt'} .= $FORM{"Fkt$kt_no"} . "&";
    	}
    	@Pdata=("",$FORM{'Ftitle'},$FORM{'Furl'},"","",$FORM{'Fpass'},$FORM{'Fsyoukai'},"",$FORM{'Fname'},$FORM{'Femail'},$FORM{'Fkt'},"",$FORM{'Fbana_url'},"","",$FORM{'Fkey'});
    

    @Pdata=(“”, … の最後閉じカッコの前に

    ,$FORM{'F16'}
    

    を追加。
    追加後はこんな感じ

    @Pdata=("",$FORM{'Ftitle'},$FORM{'Furl'},"","",$FORM{'Fpass'},$FORM{'Fsyoukai'},"",$FORM{'Fname'},$FORM{'Femail'},$FORM{'Fkt'},"",$FORM{'Fbana_url'},"","",$FORM{'Fkey'},$FORM{'F16'});
    
  •  

  • 384行目
    ##キーワード(15)
    $Slog[15]=$FORM{'Fkey'};
    

    の下に次を追加

    ##追加フィールド(16)
    $Slog[16]=$FORM{'F16'};
    
  •  

  • 1391行目
    <input type=hidden name="Fsyoukai" value="$FORM{Fsyoukai}">
    <input type=hidden name="Fkanricom" value="$FORM{Fkanricom}">
    	
    EOM
    foreach(1 .. $EST_reg{kt_max}){
    
    

    EOM の上に次を追加

    <input type=hidden name="F16" value="$FORM{F16}">
    

    追加後はこんな感じになります。

    <input type=hidden name="Fsyoukai" value="$FORM{Fsyoukai}">
    <input type=hidden name="Fkanricom" value="$FORM{Fkanricom}">
    <input type=hidden name="F16" value="$FORM{F16}">
    	
    EOM
    foreach(1 .. $EST_reg{kt_max}){
    

 

登録用テンプレートの変更

ここでは【キーワード】の上に追加していきます。
各ファイルの <!–キーワード–> の上に追加してください。

 

template/regist_new.html  126行目
template/regist_mente.html 116行目
template/regist_mente_admin.html 95行目
変更内容は同じです。

<!--追加16-->

<li>【追加16】
<ul><input type=text name=F16 value="$Pdata[16]" size=60></ul><br>

<!--キーワード--> #これは元からあるものです

 

template/regist_new_admin.html  128行目
<!--追加16-->

<li>【追加16】
<ul><input type=text name=F16 value="$FORM{F16}" size=60></ul><br>

<!--キーワード--> #これは元からあるものです

 

template/regist_new_end.html     110行目
template/regist_new_end_temp.html  79行目
template/regist_mente_end.html    84行目
<li>【追加16】
<ul>$Slog[16]</ul><br>

<!--キーワード--> #これは元からあるものです
urlのようにリンクをはる場合は

<li>【追加16】
<ul><a href="$Slog[16]">$Slog[16]</a> [<a href="$Slog[16]" target="_blank">確認</a>]</ul><br>

<!--キーワード--> #これは元からあるものです

 

template/regist_new_preview.html
  • 30行目
    <input type=hidden name="Fsyoukai" value="$FORM{Fsyoukai}">
    

    の下に次を追加

    <input type=hidden name="F16" value="$FORM{F16}">
    

    追加後はこんな感じになります

    <input type=hidden name="Fsyoukai" value="$FORM{Fsyoukai}">
    <input type=hidden name="F16" value="$FORM{F16}">
    
    <!--HTML--> #これは元からあるものです
    

     

  • 123行目 の <!–キーワード–> の上に追加
    <!--追加16-->
    <li>【追加16】
    <input type=hidden name=F16 value="$FORM{F16}">
    <ul>$FORM{F16}</ul><br>
    
    <!--キーワード--> #これは元からあるものです
    

 

template/admin/temp_to_regist.html
登録待ちページはテーブル縦二列なので、一番下に追加していきます。

  • 188行目
    </table><br><br>
    <!--HTML-->
    

    の上に次を追加

    <tr><td valign=top>【追加16】<br><input type=text name=F16$Slog[0] value="$Slog[16]" size=20></td></tr>
    
    </table><br><br>
    <!--HTML-->
    

 

表示用テンプレートの変更

すべて変更内容は一緒です。
それぞれのログの一番下に表示させていきます。

 

template/kt.html       356行目
template/search.html    319行目
template/rank.html      295行目
template/rev_rank.html   305行目
print<<"<!--HTML-->";
</table><br>
<!-- /ログ表示 -->

</table><br>の上に

<tr><td>$Slog[16]</td></tr>

を追加。
追加後はこんな感じです

print<<"<!--HTML-->";
<tr><td>$Slog[16]</td></tr>
</table><br>
<!-- /ログ表示 -->

以上で完了です。

メモ

  • 管理室から「新規ホームページ登録(管理者用)」で登録すると、ホームページアドレスのhttp://などの初期値が表示されませんが、これは仕様です。もとから表示されません。

 

関連カスタマイズ