Yomi-Searchで登録者からバナーurlの入力が無かった場合、こちらで用意したノーバナー画像を表示します。

 

 

準備

ノーバナー画像を用意してください。
ここでは「nobanner.gif」というファイル名とします。
バナーのサイズは、管理室の「バナーURLの縦サイズ」「 バナーURLの横サイズ」にあわせるようにしておくと良いでしょう。

用意したバナーは yomi-search/img/ にアップロードしてください。
m1.gif、new.gif などがあるフォルダです。

使用ファイル

  • template/kt.html
  • template/search.html
  • template/rank.html
  • template/rev_rank.html

カスタマイズ

改造箇所は4ファイル全て共通です。

ファイルの中から次の一文を探してください。

if($Slog[12]){
# (↑修正不可↑)-->
print<<"<!--HTML-->";
<br><img src="$Slog[12]" width=$EST_reg{Mbana_w} height=$EST_reg{Mbana_h}>
<!--HTML-->
#<<!--(↓修正不可↓)
}
# (↑修正不可↑)-->
print<<"<!--HTML-->";

これを次のように置き換えてください。

if($Slog[12]){
# (↑修正不可↑)-->
print<<"<!--HTML-->";
<br><img src="$Slog[12]" width=$EST_reg{Mbana_w} height=$EST_reg{Mbana_h}>
<!--HTML-->
#<!--(↓修正不可↓)
}else{
# (↑修正不可↑)-->
print<<"<!--HTML-->";
<br><img src="img/nobanner.gif" width=$EST_reg{Mbana_w} height=$EST_reg{Mbana_h}>
<!--HTML-->
#<!--(↓修正不可↓)
}
# (↑修正不可↑)-->
print<<"<!--HTML-->";

以上です。
管理室から【ログファイル更新処理 】を行って完了です。




ノーバナーのサイズが、管理室で設定した登録サイトのバナーサイズと違う場合は
上記10行目を

print<<"<!--HTML-->";
<br><img src="img/nobanner.gif">
<!--HTML-->

としてください。

 

メモ

  • 登録時、バナーurl欄には「http://」がデフォルトで表示されますが、バナーurl欄が「http://」のみだった場合は空欄に変換されるようになってます(Yomi-Searchに最初から装備されています)

 

関連カスタマイズ