私はWordPressのバックアップに「WP-DBManager」 というプラグインを使ってます。

これの便利な点は自動バックアップ機能で、週1とか月1とか設定するとそれにあわせて自動でバックアップをとり、なおかつバックアップデータを設定したメールアドレスに送信してくれるのです。
これで、たとえWordPressを入れているサーバが爆発しても、データは平気です。

そんなわけで WP-DBManager をインストールしたのですが、最初、自動バックアップができなかったのでメモ。おそらく投稿予約など未来の設定関連では同じエラーがでると思われます(未確認)。




原因

【原因1】サイト全体にパスをかけていた。

WordPressでサイト制作中は人に見られなくないので、サイト全体にパスをかけてたのですが、これが原因でした。

ちなみに「WordPress Password(WP-Password)」というプラグインです。
プラグイン自体はすごく便利ですよ。



【原因2】タイムゾーンの設定をしていなかった

「ダッシュボード」→「設定」→「一般」のタイムゾーンを変更していなかった。

デフォルトが「UTC+9」で、現地時間が合っていたので変更してなかったんですよね。
これを「東京」に変更しなおして「変更を保存」




wp-cron について

通常、自動バックアップや投稿予約など未来の時間への設定にはwp-cron が使われます。
うまく動かないときはこのあたりを調べてみてください。

「WP-Cron Dashboard」というプラグインを使うと、WordPress で設定されている WP-Cronのジョブをチェックできます。




プラグインについて

今回名前が挙がった3つのプラグインはすべて「ダッシュボード」の「プラグインのインストール」からインストールできますので、興味を持った方はどうぞ。